読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

データと実感の狭間  〜ペースメーカー生活半年〜 

ペースメーカー埋め込み手術から半年。

検診の結果

 一ヶ月後 「順調ですよ。」

 三ヶ月後 「すこぶる安定しているので何も心配することがない。」

      「次は半年後でいいですよ、」

 

身体が感じたこと

 夏  その暑さを何とか乗り切れた。

 秋  少し慣れて1㎞の坂道も難なく登れた、

 冬  今日までは普通の生活がおくれている

 この寒さを過ぎれば、

  ほぼ一年の気候を体験することになり

 「もう大丈夫!」と言う自信も生まれてくるだろうと思う。

 

半年に及ぶデータ

「血圧と脈拍は測る習慣つけてください。」

 血圧計を購入して今まで日に二回

 その数値は許容範囲で安定している。

 

「データの安定」が「大丈夫」という確信にならないばかりか、

動悸がはやくなったり、足がだるく感じたりすると、

「不安=本当に大丈夫なのか?」

 

データでは大丈夫。

時々 ドキドキ

 

この寒さを乗り越えたら

自分にOKを出してやらねば。