読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここまではっきりしてるのに・・・  〜あさましさの縮図〜

小学校の体育館から

大きなシュプレの声

多分卒業行事の練習か?・・・

 

今、ニュースを賑わす

あのいまわしい

幼稚園の教育勅語唱和や

偏向した宣誓

 

「教師が言わせた」

誰もがそう思う。

だから悪い?

 

内容が良ければ

「言わせる」「台詞を作る」ことはいいのか?

現場では当たり前におこなわれる。

子どもの言葉・気持ちに任せられるのなら

それが一番いい。

そういうあり方をしなければいけないと思う。

だから「言わせた側」の責任なのだ。

 

 

彼らは「偏向教育」だと組合を批判した、攻撃した

だったら今のあの有様は何なんだ?

自ら問うてみろ!

ハナからそんなことするわけないか。

 

いろんな内閣の国会答弁をみてきたが

今の人たちの一番許せないのは

人を人とも思わぬ横柄な態度である。

何様なのか?

こういう人たちが今の日本を好き勝手に動かそうとし、

おこぼれに預かりたい人たちは

過去の自らの主張など簡単にかなぐり捨てて

しっぽを振る

こう言う人たちは、決して矢面に立たないことも共通している

 

変質したのではない。

元々の資質なのだ。

あさましいなあ。

 

こんなわかりやすい

利権の構図さえ

うやむやを決め込むのか?

 

教育のあり方

政治のあり方

 

今こそ変えねば