radiko様様なれど

ほとんど眠れない夜中の助けは

ラジオ  radiko

特にradikoのタイムフリーは大助かり

暗くならないよう 明るいものを選ぶ

コーナーを決めて進行する番組もあるが

オープニングから

出演者のフリートークが延々と続くのも多い

リスナーにそうよりは、

自分たちの喋りたいものを好きにという感じは  馴染めない

3人までは許せる

4人以上でワイワイを真夜中にやるか?

5時を回ってradiko時間は終わりを告げる

今朝はこんな空にも癒された

f:id:inotyan1208:20190902075256j:image

質が変わったのかなあ?

そこがリスナーの求めるところと思ってるのか

時に辟易させられることもあるのだが

心を決める

昨日からまた病院の人になる

今回は少し長く入るそうな

またやり直すような

新たな課題にも挑むような

そんなこんなの  三週間ほとになるとか

 

ここで平常心で過ごすことほど

難しいことはない

不安感 焦燥感を埋めてくれるのは

周りのサポートと

内なる心

 

もう少しで 気持ちが決まりそう

焦らず決めて

決めたら邁進する

それ以外は  考えないこと

覚悟

一日中台風情報

ここが危険

あそこは避難をと

この図でわかるのかな?

データは反映してるがなぜか見づらい

わかったところでどうすればいいのか?

 

心の中では

自分のこと  かみさんのこと

それだけで豊満状態

考えを進めるゆとりがなくなった

どうしたものか

悩ましい現実に動揺も走る

 

覚悟決める

腰を据える

 

そんなことばがあたってるかな。

お盆

昨日長男一家が

今日は次男一家が帰ってきて

ご飯の後は花火をしたと 画像が届いた

明日は三男一家も加えて夕食

オレは今年はいれないので

来年こそはと思う

四人部屋に一人残って

アレコレ思う

これもお盆の証か?

思い

あと少しでまた戻るのだ

不安な心境のかみさん

息子や孫が帰省するまでの数日間

どうか気丈にいてほしい

自らのために働いてほしい

 

疲れのピークかな

午前中から冷房入れながら

本当は休ませるつもりだった

ことのほか回復したからか

どうしてもしておかなければならない事があるからか

炎天下 出かける

元気なときの1.5倍の時間がかかることが

今動ける能力である

三つの店を回って二時間

よく行ってこられたと 内心褒めてやる

 

夫婦二人で

同じ痛みを共有しながら

思いは微妙にすれ違う

飲み込んで 飲み込んで

お互い様だからと 飲み込んで

 

子どもたちよ 孫たちよ

母さんを頼むな

おれは できることをせいいっぱいやるのみだ