窓越しの風景

またここへ戻ってきた

今度は窓側で景色が見える

きっと蒸し暑いのだろうと思うが

見えることがうれしい

ほぼ十日間、ここで過ごす

6回目のルーティーンを経て

うまく行けばまた我が家に帰る

あと何度これを繰り返すのか

できれび少なくあってほしい

できれば明るくありたい

ここに慣れてしまってはいるが

できれば「もう来なくていいよ」と

早く言ってもらいたい

そう願ってこの部屋で過ごす

 

f:id:inotyan1208:20190716142728j:image

ひとときのよりどころ

今月の特集は「万葉集

それに大好きな「大人の逸品」の別冊付録

先月号には「筋トレバンド」がついてきた

一度使ってそれきり

記事の特集は焼酎

病の身には不謹慎とばかりに

読まずにそのまま本棚へ

先週買った「一個人」の特集は「万葉集古事記入門」

家にいるときは、本屋さんへと勇んで出かけたり

Amazonさんのお世話になりながら

病室でつぶさに読む

読んでもまた読む

そのひととき

よりどころは「雑誌」

f:id:inotyan1208:20190713161647j:plain

サライ

 

茜色の

スマホに「雨雲接近」と通知が来るが、

その通りにふることはまれ

きょうもそうだ

見越して 庭木に水やりを済ませる

すると 爽やかな風と鮮やかなあかねの空が

いいことの前兆なら

こんなにうれしいことはないが・・・

f:id:inotyan1208:20190623193035j:plain

いつだって 自然体で

前回からもう三ヶ月近く過ぎたことになる

思えば突然の病院暮らし

何度目かの一時退院と入院を繰り返し今に至る

あと数日でまた

病院の人になる

こう言う生活をしながら

回復するのだ!

だから病院で「いい子」にする

自然体で 頑張る